ハーフバースデーのお祝いはInstagramでも人気のレターバナーウォールステッカー

お子さんの誕生日やイベントにレターバナーを壁に飾って、想い出に残す方が増えてきました。

Instagramでも#レターバナーで検索してみると、お子さんの記念の写真を投稿されている方が多くいらっしゃいます。

レターバナーとは、通常アルファベットや記号や数字が1文字ずつの紙でできていて、好きな文字列に並べて飾るもの。

レターバナーウォールステッカー

長い文字列を作りたいときには、たくさんの文字から探しながら並べて飾るのはちょっと大変そう。

 

レターバナーのウォールステッカーなら簡単で手間がありません!

 

レターバナーウォールステッカーがおすすめな理由その1!

「通常のレターバナーに比べて、とても簡単なこと!」

 

実際に通常のレターバナーを使ってみたことがある方に聞いたところ、
「1文字ずつ繋げるのに手間がかかり、子育てに忙しい私には大変だった。」

との感想が聞かれました。

また、通常のレターバナーは、文字列に並べてから複数の画鋲でとめるか、マスキングテープでとめる作業もしなければいけません。

 

ハーフバースデーのお祝いはInstagramでも人気のレターバナーウォールステッカー
HAPPY STIKCER 「ハーフバースデーのお祝いはInstagramでも人気のレターバナーウォールステッカー」

 

ハーフバースデーのお祝いはInstagramでも人気のレターバナーウォールステッカーの購入はこちら↓↓
ハーフバースデーのお祝いはInstagramでも人気のレターバナーウォールステッカー

 

ハッピーステッカーのレターバナーウォールステッカーは、文字列になった状態でお届けするので、ハサミで切り分けてそのまま壁に貼るだけでとっても簡単!

 

ハッピーステッカーのレターバナーのウォールステッカーはオリジナルで名入れもできる!

 

レターバナーウォールステッカーがおすすめな理由その2!

「ハッピーステッカーのウォールステッカーは全て当店のオリジナル品で1つ1つ受注生産」

 

受注を受けてから製作するため、お客様の細かいご要望にも柔軟に対応させていただきます。
オプションでサイズの変更や文字の変更など、承っております。
(※オプション料金は別途となります。)

ハーフバースデーのレターバナーウォールステッカーはお子様のお名前をお入れしておりますよ。
特別な日にオンリーワンなオリジナルステッカーが作れます。

 

レターバナーのウォールステッカーは仕上がりがとてもキレイ!

 

レターバナーウォールステッカーがおすすめな理由その3!

「壁にとめるための不要なものが一切なく、壁になじんで仕上がりがきれい!」

 

通常のレターバナーは画鋲やマスキングテープでとめる必要があります。

賃貸だと画鋲はNGだし、画鋲も1つではなく複数開けることになるので、外した後のことを考えると気になる方もいらっしゃいますよね。

また、通常のレターバナーを購入された方の中には、

「紙だから破れてしまったり、折れてしまった。」

という声もあります。
穴をあけたくないから、マスキングテープで貼ってみたよ!という方に感想を伺ったところ、

レターバナーウォールステッカー

「マスキングテープだと、いかにも貼った!という感じになっておしゃれ感がなく、残念だった。」

というのです。

確かに、仕上がりは手作り感たっぷり!という感じですよね。

 

せっかくおしゃれなレターバナーを飾り、写真に残して記念にするのであれば、
見栄えよく飾って、将来、子供さんが大きくなった時に、写真を眺めながら、

「こんなに素敵にお祝いしてくれたの!?」とびっくりさせたいですよね!

 

ハッピーステッカーのウォールステッカーは透明の縁などもなく、壁に馴染む仕上がりになるので、とてもキレイ!

そして、剥がす時にも壁を傷つけないので、安心です。

注)デリケートな壁紙には不向きな場合もございます。
ご心配な方は、サンプルステッカーでお試しになれますよ。

 ltb-001-001 Hot オリジナル で世界にひとつのメモリアルレターバナー ウォールステッカー
HAPPY STICKER「オリジナルで世界にひとつのメモリアルレターバナーウォールステッカー」

 

オリジナルで世界にひとつのメモリアルレターバナーウォールステッカーの購入はこちら↓↓
オリジナル で世界にひとつのメモリアルレターバナー ウォールステッカー

 

お子様が産まれた記念になるメモリアルレターバナーのウォールステッカーです。

出生時の身長、体重、お名前をお入れできますよ!

手間がかからずキレイに仕上がるレターバナーウォールステッカーで思い出の記念写真を残しませんか!?